シミ対策

シミを作らないための日焼け後の対処方

日焼け

シミの原因の一つが紫外線になります。紫外線を浴びると日焼をしますが、もし日焼毛をしてしまったらどのように対処するとシミが出来にくくなるのでしょうか

 

まず日焼はヤケドと同じですから、肌の火照りを冷ますことが最も大切です。だからといって肌に直接保冷剤を当てたり氷を載せたりするのは刺激が強すぎますので、保冷剤をタオルで巻くか氷を入れたビニール袋をタオルで巻いたもので冷やします

 

赤みがあるときには化粧水などは使用しないようにし水分をなるべく多く摂取することを心がけます。

 

日焼の赤味や痛みなどが引いてきたらしっかりとした保湿を行います。まずは炎症を抑える効果があるアロエエキスなどが入った刺激の少ない化粧水でたっぷりと水分を与えます。

 

顔の日焼の場合にもまずはたっぷりと化粧水での保湿をし、肌が落ち着いたところで美白効果のあるマスクタイプのフェイスパックなどを冷蔵庫で冷やしたものを使用して保湿をします

 

パックのあとには保湿クリームなどでの保湿ケアをしっかりと行いましょう。肌が潤っている状態ではターンオーバーがしっかりとできますので、ダメージを最小限にとどめることが出来ます。


シミを作らないための日焼け後の対処法関連ページ

シミの効果的な予防法とは
シミの効果的な予防法についてです。
肌を白くするとされる成分
肌を白くするとされる成分についての情報です。